2018年春いちのせきの桜を満喫編~平泉の平安時代を想う「西行桜の森」 

地元の人もなかなか行ったことのある人は少ないのではないでしょうか?平泉町の長島地区に「西行桜の森」あります。ここには、平成27年に発足した「束稲山さくらの会」によって、100種3000本余りの桜が植えられています。

目的地に到着するまでも、各家々の桜や梅など咲き誇っており目を楽しませてくれました。ただ、細い道ばかりですので車での移動は十分に注意してお進みください。

西行桜(さいぎょうざくら)について

むか~し昔(およそ1000年前の平安時代)奥州藤原氏が栄えた時代に、束稲山(たばしねやま)には一万本の桜が咲いていたそうです。昔からの縁で平泉に来た西行さんが桜をみて感動し詠んだ歌がこちら。

「ききもせず束稲山の桜花吉野のほかにかかるべしとは」西行
『奈良の吉野山にも見劣りをしないほど、束稲山に美しい桜の名所があるなんて聞いたことがなかった。』というような意味なのだそうです。

当時の桜は残っていないとの事で、今は改めて三千本の桜が植えられているそうです。今の3倍以上あった桜の木は、山を一面埋め尽くす程で息をのむ美しさだったことでしょう。

西行法師を詳しく知ろう!

義経伝説ホームページ【 西行が平泉にいる風景 】は、長い物語になっていますが、とても面白い解説でした。ぜひ、ご興味のある方は読んでみてください。平安の時代にタイムスリップした気分になりますよ♪
義経伝説ホームページ【 西行が平泉にいる風景 】
花と月をこよなく愛した漂泊の歌人【 あの人の人生を知ろう ~ 西行法師 】

案内図

年間通してハイキングコースとしても良いようです。桜のつぎは「つつじ」や「あじさい」ですね~♪

花立周辺より

ちょうどこの日は、小学生メインの植樹会があったためか多くの町の職員も来ていました。美味しそうなにおいも漂っていて、花見客のにぎやかな声も聞こえてきました。既に散り出した桜や葉桜もありましたが、まだまだ他の品種の桜が山に彩りを与えています。
散策コースは、草花も咲き誇り「クマ」か「ヘビ」が出てきそうな道もありました。色々な道があるので、自分に合ったコースを歩かれると良いかと思います。とにかく、天気の良い(暑いくらい)4月21日は山からの景色は絶景でした!

こちらでも紹介されています。

東北 夢の桜街道【 西行桜の森 】
ひらいずみナビ【 西行桜の森 】
奥の細道の史跡を訪ねて【 文学散歩:芭蕉はこんな所を見て回った 】
イーハトーブログ【 平安時代の桜を復活!「西行桜の森」 】

  • コメント: 0

関連記事

  1. 一関~須川方面へおでかけなら、『地元農産品は須川岳からの恵み』道の駅 厳美渓へ

  2. 一関のおすすめ紅葉スポットシリーズ:室根山。一関で2番目に高い山。

  3. 【骨寺村】想像するとちょっと怖い!?重要文化的景観は幻想的

  4. 「室根山つつじまつり」速報!5月25日の様子をお伝えします!残り9日です!!

  5. 一関のおすすめ紅葉スポットシリーズ:意外な穴場!?一関市役所前通り。

  6. 子供から大人まで♪アウトドアも楽しめる温泉のご紹介★【須川温泉】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 「室根山つつじまつり」速報!5月25日の様子をお伝えします!残…

    2018.05.25

  2. カメラ女子に人気な「花と泉の公園」を満喫!ぼたん園はまもなく終…

    2018.05.22

  3. 「室根山つつじまつり」5月19日より開催 オープンしたて「むろ…

    2018.05.19

  4. <被災地支援活動>ポケモンたちの願い『子供たちに笑顔を!!』 ポ…

    2018.05.11

  5. 農業をやりたい!!脱サラして19年。EM菌農法で「完熟いちご」を販売…

    2018.05.07