天国か?地獄か??アッツアツの熱湯風呂に挑戦してみませんか?千厩にある「三嶋の湯(みしまのゆ)」

一関駅から車で31分!千厩町(せんまやちょう)にある温泉「三嶋の湯(みしまのゆ)」に行ってみました。

一関市の千厩にも温泉があったんですね~

という事で、温泉の評価サイトでも結構高評価だったこともあり期待して向いました。

薬膳料理が売りのホテル&温泉ということですが、今回は「日帰り温泉」のご紹介となります。

とにかく、温泉に入った感想を率直にお伝えいたします!

案内看板は見やすく迷う事なし!

284号線~267号線へ向かうと、間もなく千厩の町の中に分かりやすい案内看板が出ていましたので迷わず行けました。

案内看板①

案内看板②

太夫黒の里「ホテル三嶋の湯」到着!!

玄関ホールには菊の花が飾られていました

この日は小雨の降る午後だったので、傘をさして移動したのですが。。。

傘立てが無い。傘をどこへ置こうかしら??

目の前のフロントの方には、こちらの状況が見えていたはずなのですが、結局こちらからフロントの方に声を掛け、準備していただきました。

従業員さんが手薄という事もあるのかもしれませんが、残念ポイントですね。。

「三嶋の湯」ってどんな感じ?

売店には地元の商品の他に、薬膳お土産コーナーも設けられています

正面玄関を入り、フロント脇に自動券売機があります。こちらで入浴券を購入。

左手に温泉があるようですので、張り紙を頼りに進みます。

「ナイル風呂」という怪しげな名前のお風呂

「ナイル風呂」と「女湯」「貸切風呂」の案内があります。まずは、メインの「ナイル風呂」へ行ってみることにしましょう。

こちらは、入口のドアを開けると下へ降りる急な階段が6段ほどあります。歩くのが困難な方には、利用が難しいと思いました。

中には利用者さんがいらっしゃいましたので、先程の「女湯」へ行ってみることに。

「遠赤外線風呂」とは? 思わず悲鳴が笑い声に!!

利用者さんが居ないのは、一目瞭然。という事で、入って見ることに。

脱衣所とトイレ空間の感想

入口を入ると、ちょっと?更衣室??と思ってしまうような狭い空間。3~4人が限界かな?

「遠赤外線風呂」の感想

因みに公式のホームページでこちらのお風呂の紹介はされていませんでしたが、どんなお風呂なんでしょうか?

大きな窓があり、自然光だけの空間。これはこれで、イイかな~と思うことに。ただ、なんだか蛍光灯がついていた場所は壊れて剥き出しになっているし、壁はいたる所が剥がれていて。。。

ちょっとお化け屋敷?と感じてしまったのは私だけではないようです。

まずは、シャワーで体を清めようとお湯を出したところ。。。。。

やばしっ

永遠と水しか出ない。・・・・・・・とにかく、寒い!寒い寒い!!ひたすら待つこと3分(涙)やっと、お湯に切り替わってきました。

時間は午後2時。利用者が他にいなければ、こういう事もあるかと諦めて気を取り直して温泉に入りましょ~♪

ごうごうと温泉湯が注がれる湯船に足を入れてみたっ!!!!

えっ!!!!あっち~~~

熱い!ではない。“あっっちぃ~~~~!”のです。

先程まで散々シャワーから水を流してしまっていたことを思い出し後悔。(涙)

仕方ないから、備え付けの蛇口から水を全開に投入!

しばし、温泉もお預け状態が続く。。。 やっぱり、寒い。。

たぶん、あそこに見える白い岩?が遠赤外線の効果を発揮していると思われる。

が、しかし、熱くてたどり着けない。。ずっと、震えながら湯船からこぼれるお湯で足を慣らしながら待つこと3分。水の近くから徐々に沈んでみることに。やっと入ったものの。。遠赤外線効果の岩まで熱くて移動できない。

今回女二人で行ったのですが、もう二人で顔を見合わせて笑うしかないっ! 温泉でこんなに笑う事ってなかなかないですよね!

折角なので、熱さを我慢して遠赤外線の岩に腰を掛けて10秒。体中が熱さでジンジンっ!骨まで浸みる~ってこういう事??

あっという間に“ゆでダコ”状態!!もう限界を迎えたので、上がりますっ!

先程の熱さで体の汗がしばらく止まりませんでした。拭いても拭いても(汗、汗、汗、、)

なんとか着替えて移動します。

いざ!「ナイル風呂」へ

脱衣所とトイレ空間の感想

着替えの空間は、先ほどより広く若干気の利いたロッカーがありました。

ただ、備え付けの洗面所は家庭用で、ドライヤー1個だけ。

トイレは?と覗いてみると、新しく設置したと思われるトイレがあります。ちょっと、空間の汚れが気になりました。

「ナイル風呂」の感想

温泉の入口のドアを開けると、また急な階段がL字になっています。視力の悪い方、歩くのが困難な方は危険を伴う階段でした。手すりはあるので、ゆっくりゆっくり下りましょう。

下りていくと、そこには岩がごろごろと積まれた岩風呂がありました。

とにかく、湯気がすごくて視界が真っ白です。男湯と仕切ってある間仕切り?がヒノキのようで、すごくヒノキの香りが充満していました。

ちょっと気になり見上げると、間仕切りに開閉のドアがついています。高さが身長くらいしかないので、覗かれそうです。。

聞いた話だと、以前は混浴風呂だったとか。 だから、とりあえず仕切られた的な中途半端な間仕切りなのかもしれませんね。

取りあえず、先客もあったのでシャワーは問題なく温水が出ました。(笑)

湯気の上がり具合を見ても分かるようになかなか熱めのお湯ですね。先程の熱さで体も慣れて入れましたが、長居は難しいようです。

イスに座ってるだけでも空間が暖かいので、サウナ気分になれるかも。

温泉で汗を流した後は古代銘石を使った「イオン水」で喉を潤しましょう!

アツアツのお湯でたくさん汗をかき、湯上りの「イオン水」は一気に体に潤いを与えてくれます。

2時間無料の休憩所は、昭和感の漂う懐かしい和室空間

マッサージ器や洗濯機などもありました。

熱湯風呂好きの方!必見ですよ!!

とにかく熱湯風呂好きにはたまらない温泉施設だと思います。

ホテルに宿泊して、小さなお風呂に入るよりも絶対疲れは取れるはず。薬膳料理を頂けるのが目玉のようなので、温泉だけじゃなく食事・宿泊セットなら堪能できるかと。

今回は日帰り温泉入浴として訪れ、「熱湯風呂」を知らないで入った私にはハプニング続きでしたが、温まった体は一日中ぽっかぽかでした。

【千厩 太夫黒の里「三嶋の湯」に関する情報をまとめました】

交通情報 一ノ関駅から21㎞程・車で約30分程度 ※渋滞なしの場合。千厩駅より3.5㎞
電話番号 0191-51-3880
利用時間 10:00~21:00
利用料金

2時間入浴料
大人  550(税込)
小学生 450(税込)
小学生未満 無料

特 徴 内風呂
  湯色:透明
関連サイトのご紹介

公式サイト:千厩町 ホテル三嶋の湯

チイキーズ“ホテル 三嶋の湯”

トリップアドバイザー

  • コメント: 0

関連記事

  1. 子供から大人まで♪アウトドアも楽しめる温泉のご紹介★【須川温泉】

  2. 駅から5分!トロリとした泉質が最高!露天風呂付き温泉「願叶乃湯」

  3. 美人の湯と露天風呂を求めて行ってみた★【山王山温泉 瑞泉郷】(ずいせんきょう)

  4. 2018年春いちのせきの桜を満喫編~須川岳と桜のツーショットなら「かんぽの宿」がおススメ

  5. 子供から大人まで♪アウトドアも楽しめる温泉のご紹介★【かみくら  祭畤温泉】(まつるべおんせん)

  6. 「宝の湯」夕陽が絶景!露天風呂に入らなくちゃ損★【宝竜温泉 かんぽの宿一関】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 自家製ハーブ使用のフレンチ&イタリアンを堪能♪カフェ&レ…

    2018.06.08

  2. 焼酎、馬刺し、もつ鍋で飲み放題プランなら駅前『九州男児』

    2018.06.06

  3. 三陸産生うにの美味しい季節がやってきます!鮮魚『富澤』

    2018.06.06

  4. 「おもち・だんご」だけじゃない!大福屋さんおすすめ「中華そば」&…

    2018.06.06

  5. 「室根山つつじまつり」速報!5月25日の様子をお伝えします!残…

    2018.05.25